料理のプロカメラマンPecogram

Pecogram(ペコグラム)は腹ペコ写真を撮影するクリエーターチームです。
食品カタログや飲食店のメニュー撮影を中心に、「食」に関する撮影を行っており
撮影からデザインまでワンストップでご依頼いただけます。

時間で区切った分かりやすい料金プランを導入しているため、初めての方でも安心してご利用いただけます。
店舗やスタジオでの撮影はもちろん、日本全国、世界中どこへでも出張します!

「見る人をお腹ペコペコにさせる写真を世界中に届ける」をモットーに活動しております!

料理の写真撮影はPecogamへお任せ!

代表 松村宇洋
福岡県出身
2012年立教大学文学部史学科卒業
2012年より制作会社のフォトグラファーとして活動
2013年からは写真家高崎勉氏に師事。写真表現力の研鑽に努める。
2016年夏、独立し料理を専門としたフリーランスのカメラマンに。
2016年10月11日 「お腹ペコペコ」Pecogram(ペコグラム)を設立

学生時代にはバックパッカーとして海外を放浪。これまでニュージーランド、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ、ペルー、ボリビア、イギリス、フランス、イタリア、ヴァチカン市国、フィンランド、ニューヨーク、ロシア、タイ、韓国、ミャンマー、中国、ハワイ、グアムなどを訪問。
将来の夢はニュージーランドで仕事をすること。

ごあいさつ

近年、特に写真はスマホなどで誰でも気軽に撮れるものとなりました。ではなぜわざわざお金を払って写真を撮ってもらう必要があるのでしょう?

写真は誰でも撮れるようになった一方で、クオリティの低い写真が多く世の中に出てくるようになってきてしまいました。さらに一般の方々の写真を見る目も肥えてきており、写真を見ればプロが撮ったものか素人が撮ったものかが誰でも分かってしまうものです。

するとどうでしょう?プロでない方が撮った写真を企業やお店の看板に使ってしまうと、「ここの会社は予算があまりないんだな。」「ここのお店はあまり流行っていないんだな。」とマイナスイメージを与えてしまう恐れがあります。

またいくら写真が上手く撮れていても、その素材を上手くレイアウトできなくては見る人に効果的に訴求することはできません。デザイナーの手によって素材や伝えたいことを整理整頓させてあげることで、初めて「伝わる」雑誌、チラシ、ポスター、広告に仕上がるのです。

Pecogramでは、プロと素人との間にある一番の壁は思考だと考えます。写真を撮る上でどのように見せるのかという思考、デザインをする上でのどのように伝えるのかという思考。これらはプロの現場で積んできた経験だけが育んでくれます。
Pecogamは制作会社のプロの現場で鍛え上げられてきた、フォトグラファーとデザイナーによるクリエイティブチームです。
写真・デザインのお仕事は是非Pecogramにご相談ください。

ミツモアバッジ